2017.01.18

【DIY】不滅インクでどんな素材にもペタッ!StazOn opaque(ステイズオンオペーク)

2388view

素材を選ばないオールマイティインクパッド「StazOn opaque(ステイズオンオペーク)」が、ハンドメイド作品を作る時にとっても便利です。最大の特徴は「表面がツルツルでインクを吸わないものにも使える」ところ。一般的なスタンプでは捺せないところにもペタッとできちゃいます!

「ステイズオン」と「ステイズオンオペーク」が発売されていますが、違いはインクが「透明」か「不透明」かということ。オペークは文字通り不透明な仕上りで、捺した時に柄がはっきりと浮かび上がるんです!





使用できる素材はプラスチック、金属、シュリンクプラスチック、ゴム、皮革、ポリマークレイ、ラミネート紙、 コート紙、普通紙、写真、テラコッタ、トランスパレンシー(透明シート)など。ガラスや陶器にも使えますが、密着強度は弱くなります。また、和紙、トレーシング紙、無塗装木材、木綿、麻はにじむ場合がありますので気をつけてくださいね。


ステイズオンオペークの使い方



インカー(補充インク)と空のパッドがセットになっています。パッドに必要な分だけインクを注入して使います。透明ケースは使用後に乾燥防止の為に使うので捨てずに取っておきましょう。



STEP.1 500円玉サイズにインクを出す



インクボトルをよく振り、500円玉サイズを目安にインクを出します。



STEP.2 インクを馴染ませる




付属のスキージでインクを均一に馴染ませます。インクの量はスタンプのサイズに合わせて調節してくださいね。



STEP.3 印面を叩くようにペタッ!





インクを付け、しっかりと捺印します。乾燥時間は、紙のような吸収面は3秒、プラスチックのような非吸収面だと5分ほどです。



POINT 油性だからしっかり吸着!




光沢紙にも捺しても綺麗に仕上がりました!

オペークは油性インクなので、使用後のスタンプはステイズオンクリーナーというツールを使ってインクを拭き取ります。ちゃんと拭き取らないと大事なスタンプが溶けてしまうこともあるので、お掃除は丁寧に行いたいですね。このクリーナーは、スタンプに失敗した時やハミ出しを消すこともできるので持っていると便利ですよ。
※染み込んでしまうタイプの素材は拭き取れません。




今度は透明のバッグに捺してみます。
しっかりとインクを付けて・・・




ペタッ。ズレずに綺麗に捺せました。不透明のインクだと柄がはっきり浮かび上がりますね。なんだか「LOVE OR DEAED(愛するか死ぬか)」というような重いメッセージを感じる袋になっちゃいましたね(笑)

手作りのお菓子を誰かに贈る時、ラッピングもオリジナリティあるものにしたいですよね。レース柄のハンコやエッフェル塔などの女子力高いハンコを使うと、お菓子に合う可愛い袋が作れると思います。


DIYでも使えるステイズオンオペーク








塗面にも使えるので、DIYした家具やお部屋のワンポイントとしてハンコを捺してみてもお洒落ですね!他にも革の手帳や、ポーチ、コースターのワンポイントとして華やかさを添えたり、ソックスに名前を捺したり、プラ板アクセサリーを作ったり。アイディア次第で色々なことに使えますので、是非試してみてくださいね。

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ