2017.01.22

【リノベーションレポート】賃貸物件ビフォーアフター

1506view

リノベーションという言葉は物件を探している時によく見かけますが、近年注目されているとは言え、実際にどんなメリットがあるのかピンと来ないですよね。そもそもリノベーションとリフォームの違いとはなんでしょうか。


リフォームとリノベーションの違いって?

リフォーム・・・古くなった建物を元の状態に戻すこと。マイナスの状態からゼロの状態へ戻すイメージ。
リノベーション・・・建物を改修し、元の状態よりも性能を向上させること。マイナスの状態からプラスの状態へ変えるイメージ。


基本事項を頭に入れた上で、実際にリノベーションを施した物件のビフォーアフター画像を見てみましょう。


BEFORE




AFTER





( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚Д゚) …!?


え?本当に同じ部屋・・・?


ここはカフェバーか何かかな・・・?(賃貸物件です)お部屋のイメージがガラリと変わっていて、どこかの店舗にいるかのよう。女性限定の物件ということもあり、ホワイトベースの透明感溢れるお部屋に生まれ変わりました。



先程ご説明した通り、リノベーションされた部屋は見た目が綺麗になるだけでなく、暮らしやすさも向上しています。例えばこの物件のポイントは「格段に増えた収納」。間取りをご覧いただくとわかりやすいかと思いますが、吊り下げ式のラックを取り入れたことで収納スペースが拡大されているんです。



  
         【リノベーション前】      【リノベーション後】



※間取画像は反転タイプのお部屋のもの。


クローゼットのみだった収納が、吊り下げ式ラックを使用したおかげで、約4倍ものスペースが確保されました。ラックに使われている180cm×45cmの板。それを2枚使っているから、3.6mものラックが伸びているんです。高い場所に収納がある分、その下のスペースを有効活用できますね。







収納スペースのビフォーアフター。新しく設置されたラックにはカーテンワイヤーが付属しているので、カーテンをサッと引けば目隠しも◎。下部分にはハンガーレールが設けられています。長く生活していると洋服が増えてくると思いますが、ここに全部かけたら結構な量が収まりますよね。服以外にも、インテリアやグリーンをぶら下げても可愛いと思います♪






シューズラックには横幅と高さを取り入れ大幅にスペースが増えました。
雑貨を飾ってもいいかしれませんね。






この物件のもう一つのこだわりポイントが「カウンターキッチン」。テーブルを出し入れすることなくご飯が食べれるから、お家ご飯が捗りそう。お友達とコミュニケーションを取りながらお料理をしても楽しそうですね。

サブウェイタイルはツルツルだから掃除がしやすいのも魅力の一つ。油の飛び散りなんかも拭き取れます!





まんまるの可愛らしいライトはレール上をスライドさせることも。集合させても良し、適度に離しても良し。別のライティングに付け替えることもできちゃいます。夜はムーディーにお部屋を照らしてくれそうです。




このお部屋の床と壁はホワイトですが、それぞれ素材にこだわりがあります。窓側の壁面にはALCというコンクリートが使われていて、住居感が薄れ、店舗のような雰囲気に。ゴツゴツとした手触りも楽しめます。床は節のある針葉樹、キッチンには白いタイル。リフォームだと元の白い壁紙に戻るだけなので、こういった遊び心はリノベーションならではの面白みですね。







お部屋からの眺めは同じなのに、部屋がお洒落だと景色も違って見えますね。以上、リノベーション物件のビフォーアフターでした。

ちなみに今回ご紹介したお部屋と同じリノベーションを施したお部屋(反転タイプ)が入居者募集中です。
※募集は終了しました。
普通のお部屋じゃつまらないという方ならきっと快適な賃貸ライフが送れると思いますよ♪

【物件ポイント】
・女性限定
・角部屋なので日当たりが良い
・周辺にお洒落なお店がたくさん
・三宿なので、アクセスも良好


【物件概要】
・賃料 69,500円
・管理費 3,500円(自転車を置かない場合は500円引き)
・敷金0(別途クリーニング代として35,000円)
・礼金0
・スツールとブラインド付き

詳細はこちら。
WHITE ROUGH三宿

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ