2017.01.17

【不動産コラム】ペット不可の物件でインコは飼える?

2116view

ペット不可の物件で、犬猫に関して明記されていても、それ以外の動物についてはノータッチだったりしますよね。例えば小さなインコの場合はどうなのでしょうか。実際にお部屋探しをしていた時の体験をもとにまとめてみました。






インコはペット不可物件でも飼える?



インコもペット扱いであることに変わりはありません。ただ、ペット不可の賃貸物件において犬や猫はダメでも、インコはOKという所は意外とあります。意外とありますが、数が少ないのが実際のところ。でもどうして飼えるところと飼えないところがあるのでしょうか。結論を先に言いますと。



大家さんと管理会社次第で飼える場合がある。



明確なルールが決まっているわけではなく、物件の管理者(大家さんまたは管理会社)の判断にゆだねられています。管理者がOKと言えば飼えますし、NOと言えば飼えません。ペット相談の物件や、そのどちらにも属さない物件も同様です。

飼える場合も条件がさまざまで「汚さなければ放鳥もOK」の場合から、「ゲージから出さなければOK」、「ベランダに出さなければOK」、「鳴き声による苦情がでなければOK」などなど。管理者の意向もそうですが、その人のインコに対する認識などにもよります。こればかりは確認をしてもらわない限りわかりません・・・。

マンションだと、お部屋それぞれ別の大家さんがいる場合もあり、同じマンションでもある部屋では飼えなくて、別の部屋だったら飼えるということもあります。

ペット不可だからと諦める前に、一度確認してもらうといいと思います。もしかしたら許可をいただけるかもしれません。






内見予約について



ペット可以外の物件の内見予約をするときに「インコ飼育の可否」について確認しておくとスムーズです。その場合、「インコの飼育は相談できますか?」と聞くのではなく、「インコの飼育ができるか管理者に確認していただいて、許可が下りましたら内見させてください。」と伝えておけばいいかもしれません。

「相談」という言葉は定義があいまいというか、グレーな言い回しなんです。悪い不動産屋だと「(本当は飼育できないけど、相談するだけなら)可能ですよ」と、一休さんのとんちのようなことを言ってきて、店頭に来させる口実を作ろうとするところもあります。
(わたしは実際に遭遇しました・・・。)

メールでは相談可能だと言っていたのに、店頭に来たら、「あの物件はペット駄目なんですよね~」なんて言われてガッカリしたことも。他にも問い合わせの際に「インコのご相談も可能ですよ!」と言われ、いざ内見に行くと「確認すると断られるのでこっそり飼いましょう!バレたことないんで大丈夫です!」なんて言われたこともありました。大丈夫の論点が間違ってるよ!


このような対応をされない為に、「許可が下りなければ入居はできません。」とあらかじめ釘を刺しておいたほうが、タイムロスが少なく済むかと思います。特に家から物件まで距離がある方は1件見に行くだけで半日つぶれちゃいますし。



こっそり飼うのはダメ、絶対!



誰にも伝えず、こっそり飼うことはオススメしません。規約違反はもちろんのこと、隠し事をしながらなんて気持ちよく暮らせませんし、インコに不自由な想いをさせるし、周囲にも迷惑がかかる。お部屋を追い出されても、損害賠償を請求されても文句は言えません。リスクだらけですね。トラブルを防ぐために、不動産会社に「こっそり飼っちゃえば大丈夫」と言われてもその言葉に流されず、一度きちんと確認を取ってもらいましょう。

大好きなインコと楽しいひとり暮らしライフを送るために、しっかり気をつけたいですね!

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ