2017.02.07

【インタビュー】下北沢で本場NYのベーグルを味わおう!ループベーグルワークス 小畑秀和さんインタビュー

2705view

下北沢駅の南口商店街をまっすぐ下り、植物屋さん「ユー花園」を右に曲がると見えてくる赤いデザイナーズビル。そこの1Fにある黒を基調としたクールなお店では本場NYのおいしいベーグルがいただけます。ベーグルは手に持つとずっしりとボリューミー。外はカリカリと香ばしく、中はみっちり、もっちり!食べたあとにはお腹も心も満たされます。これで1個200円とはお得ですね。(3個買うと500円!)運が良ければ焼きたてほやほやをいただけますよ。

でもなぜあえて日本人向けの味にせず、NYの味そのままを貫くことにしたのでしょうか。オーナーの小畑秀和さんに、お店を出すまでの経緯とあわせて聞いてみました。










──ループベーグルワークスを開くまでの経緯を教えていただけますか?

本場NYスタイルの美味しいベーグルを皆様にお届けしたいと思いループ ベーグル ワークス (LOOP BAGEL WORKS) を開きました。また安心して食べていただくために店舗では当日焼成分のみを販売しております。自分が食べたいベーグルを作っているというのも本音です。


──もともと吉祥寺のキラリナに店舗があったそうですが、なぜ下北沢に移転を?

デベロッパー様のフロア改修時、前所属会社の撤退も重なり独立しました。下北沢を選んだ理由は、正直物件のタイミングもありましたが、下北沢はこだわりや個性の強いお店様も多く 、専門店を開くならと選びました。地元のかたと若者、外国人の融合がNYっぽいというのと、グラフィティーアートがただの落書きじゃなくて似合う街だなぁと思ったのも理由のひとつです。



──オープンから半年が経ちましたね。今の心境はいかがですか?

店の入れ替わりが激しいので、正直不安が無いとは言えませんが、リピーター様の「美味しかったよ!」「旨かったからまたきたよ!」のお声に感激している今日この頃です。







──ベーグルのこだわりポイントを教えていただけますか?

素材の味を感じて頂けるようシンプルなベーグルを提供しています。



──なぜNY風でいこうと思われたんですか?

日本人の口に合うように改良を加えてらっしゃるベーグルショップさまもありますが、あえてNYスタイルのベーグルを専門店として提供することで競合他社様との差別化をと思い、NYスタイルベーグルにこだわっています。温め直しは電子レンジ30秒程の後にトースターでカリッと焼いて頂くと美味しくお召し上がりいただけます!



──1個でおなかいっぱいになってしまうくらいどっしり感がありますよね。サイズも大きいですし。

これでも50gほど小さくしたんですよ(笑)
アメリカのベーグルはもっと大きいのもありますよー(笑)






──毎日少しずつメニューが追加されているとか。

定番10種プラス日替り3種ほどを毎日ご用意しています。取材していただいた日は「purplesweetpotato(パープルスウィートポテト)」、「cheesecurry(チーズカレー)」、「mixfruit(ミックスフルーツ)」の3種が日替りでした。



──メニューのアイディアはどうやって生まれてくるんですか?

デイリーフードとしてお選びいただけるように考えています。クラシックでシンプルな定番ベーグルはお客さまがご自宅でサンドウィッチなどに加工しやすい提案を、そのままお召し上がりのお客さまへはコンビニの新商品スナック菓子のフレーバーを参考に流行りを取り入れることもあります。



──お店の内装がスタイリッシュでお洒落ですよね。これもNYを意識して?

シンプルなデザインを内装業者さんにお願いしました。チームカラーは黒だけ伝えて 私の秘密基地的なイメージです(笑)



──お店にパルプフィクションのポスターが飾られているのはなぜ?

私がタランティーノ監督作品とバンクシーのアートが好きだからです。



──ロゴの豚ちゃんにはどういった意味が?

ベーグルのパンっと膨らんだ様子と尻尾のループから会社のロゴもベーグルチームロゴも豚さんにしました(笑)怪獣は当たりスタンプです。ベーグル(ウィンナーベーグル含む)1点かコーヒー1杯プレゼントです。



──下北沢でよく行かれるお店はありますか?

キッチン南海さん、ライヴジュースさん、三叉灯さん、ベアポンドさん、ティッチャイさん、ごっついさん、フランキーコーヒースタンドさんなどなどです。









──なにかマイブームはありますか?

ファイヤーキング収集が再燃しています。



──毎日の日課はなにかありますか?

日課というかわかりませんが早寝早起きです笑



──最後に今後の目標などをおしえてください。

オープンしてから変わらずに思っていることですが、地元のお客様に愛される店作りをして下北沢の小NYになれるよう頑張ります。






インタビューを終えて


取材中、常連の奥さまたちがいらっしゃったり、ベーグルの美味しそうな香りに誘われて外国のカップルが入店されたり、たくさんのかたがお店を訪れていました。去年の夏にオープンしたばかりですが、地域の人の生活に欠かせない存在になっているんですね。みなさん小畑さんのつくるベーグルのとりこになっているみたい。かくいう私もやみつきに。普通のパンよりに比べてボリューミーなのにペロリと食べられちゃいました!クリームチーズやジャムとあわせるのもオススメとのことなので、次回はトライしてみたいです。バレンタインデーには特別メニューの「ハート型ベーグル」を発売するそうですので要チェックですよ!





  • ループ ベーグル ワークス (LOOP BAGEL WORKS)


  • 住所東京都世田谷区代沢 5-28-17
  • 最寄り駅京王電鉄・小田急電鉄「下北沢」駅 南口から徒歩3分
  • 営業時間8:00~soldout
  • 定休日月曜日
  • インスタグラムhttps://www.instagram.com/loop_bagel_works/






ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ