2017.03.05

【リノベーションレポート】賃貸物件ビフォーアフター:ヴィンテージ×ストリートのお部屋

4646view

ご好評いただいているリノベーションレポート第3弾は、ディープなヴィンテージ感のあるお部屋。
「ヴィンテージ×ストリート」をテーマに、壁の一面にグラフィティアートを取り入れるという新しい試みに挑戦しています。


BEFORE




AFTER




グラフィティアートと古材のカウンターキッチンが印象的なお部屋に大変身!
ヴィンテージテイストが好きな入居者さんだと耳にしたデザイナーが、好みに合わせて古材、アメリカンフェンス、グラフィティアート、黒い床をデザインに盛り込んだそう。どこかウィリアムズバーグの街を彷彿とさせますね。



      【BEFORE】                 【AFTER】



もともとはお風呂なしの和室。
8帖あるリビングルームはそのままに、水回りを広く取っていて、洗濯機置き場、独立洗面台、お風呂スペースが確保されています。

リフォームとリノベーションの違いって?

リフォーム・・・古くなった建物を元の状態に戻すこと。マイナスの状態からゼロの状態へ戻すイメージ。
リノベーション・・・建物を改修し、元の状態よりも性能を向上させること。マイナスの状態からプラスの状態へ変えるイメージ。


リノベーションの定義は元の状態よりも性能を向上させること。
この物件では水回りが改善され、より暮らしやすくなっていますよね!



【BEFORE】



【AFTER】


壁は石膏板ではなく、全面に針葉樹の合板を貼り、全て塗装で仕上げているのがこだわりポイント。

グラフィティを描いているのは、イラストレーターの黒木桂馬さん
グラフィティの描かれた壁にはフェンスが設置してあり、ストリート感が出てますね!
お洋服を掛けたり、ハンギングプランターを引っ掛けてみたり、遊びの幅が広がりそうです。



【BEFORE】



【AFTER】


キッチンには円形のシンク、古材、サブウェイタイルといった、普通の賃貸のお部屋ではなかなか見ない素材が使われていて、まるでお店のような雰囲気に。大きく取られたカウンターが開放的で、お料理をしながらグラフィティを眺めることもでき、キッチンに立つのが楽しくなりそうですね♪



【BEFORE】



【AFTER】


天井には前面にガルバニウム波板が貼られ、どこか倉庫のような雰囲気。
レールライトでグラフィティを照らすと、ギャラリーちっくな印象にも!



【BEFORE】




【AFTER】


可動式の棚は針葉樹の板を使用しています。
靴を置いても、小物を置いても映えますよ!

その奥にある、あえて塗装をせず針葉樹の質感を残した美しいドアは、実はトイレに繋がっていたり。
木の香りに包まれて、ほっとできそうですね。



【BEFORE】



【AFTER】


トイレは和式から、シャワー洗浄式の洋式へ。
ペーパーホルダーもお部屋の世界観に合わせてオシャレなものになっていますよ。




【施工中の様子】




デザイナー、大工、電気屋、塗装職人、イラストレーター。
たくさんの人の手によって一つの空間が生まれているんですね。

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ