2017.03.10

【DIY】紙粘土と新聞紙でカウスカルの置物を作ろう!

3386view

こんにちは、ものづくり大好きライターのもんとみです!


真っ白い壁を見ていると、インテリアを飾って個性を演出したくなりませんか?

時計、ポスター、絵画など壁掛けアイテムはいろんなものがありますが、私が今欲しいのが動物の骨。いわゆるスカルホーンというものです。ヤギのくるんとした角や、バッファローのイケメンな目元がいいんです・・・あぁ、シビれる~~~!+゚*。:゚+( ´▽` )+゚:。*+

インテリアとして飾りたい!でも本物の骨を飾るのは、はばかられるんですよねぇ。


・・・そうだ、紙粘土で作っちゃえばいいんだ!(ピコーン)
というわけで、作り方をご紹介したいと思います!







  • 用意するもの


  • ・紙粘土(石粉粘土)

  • ・新聞紙

  • ・風船

  • ・木工用ボンド

  • ・黒と茶色のアクリルガッシュ

  • ・筆

  • ・ツヤ出しニス

  • ・麻ヒモ(無くてもOK)





STEP.1 風船と新聞紙で空洞の芯材を作る


骨のオブジェを作るとき、中が空洞かそうでないかでリアルさが変わってきます!なのでまずは芯材作りから。

小さめの長方形にカットした新聞紙を、水で薄めた木工用ボンドに浸し、風船全体に貼りつけていきます。大きいサイズと、小さいサイズの2種類を作ります。



新聞紙が乾燥したら、風船を破裂させて取り出します。新聞紙は乾くと手で押してもへこまないくらいカチカチになるんですよ~!もし強度が心配だったら上から新聞紙を重ね貼りしてくださいね。


STEP.2 芯材に紙粘土を貼りつける


大きい方の両サイドを丸く切り抜き、眼窩(がんか)を作ります。大きい芯材を頭、小さい芯材を口の部分として、2つを合体させて接着。乾いたら上から粘土を貼りつけていきます。



カウスカルの形を意識してコネコネ、ペタペタ♪





頭部分が乾燥したら、麻ひもを巻いた新聞紙を芯材にして角を制作。水分をたっぷり含ませた紙粘土を接着剤代わりにして、頭に貼りつけます。


STEP.3 デザインナイフとヤスリで形を整える


粘土は乾くと切削が可能です。デザインナイフで薄く、骨っぽく削りだしていくとよりリアルな骨感が出ますよ!サンドペーパーがけをします。粗目の100番でざっくり削ったあと、水で表面を撫でつけるとつやつやになります!





STEP.4 アクリルガッシュで塗装をする


アクリルガッシュの黒と茶色を混ぜてこげ茶を作り、水分多めでうすーく塗っていきます。筆で塗るというよりも、「手で塗り込む」イメージで色を乗せていくとよりナチュラルに。この時、濃くなりすぎた場合は水で濡らしたティッシュで表面をぬぐってあげるといい感じに薄くなりますよ!






【POINT!】
サンドペーパーをかけるときに、あえて凹凸を残しておくと、溝に色が多く残り、リアルな質感を再現できます!

塗装が終わったら、ツヤ出しニスを塗って仕上げ!角はたっぷりめに、顔は叩くように薄っすらと塗ります。全体を厚く塗ってしまうと、のっぺりとした作り物感が出てしまいます。同じ粘土でも、ニスの塗り方で材質の違いが表現できるんですよ。



カウスカルの完成です!









中が空洞だと目から入ったランプの光が反射して、いい感じに骨っぽく見せてくれます!後からキリなどで穴を開けるのも簡単なんですよ。ワイヤーを組み込んで、引っ掛けて飾れるようにしてもいいですね(`・ω・´)ゞ

普通に買うと、数千円~数万するカウスカル。自分で作れば数百円で作れちゃいます♪
エスニックなお部屋や、ウェスタンなインテリアとの相性もいいので、ぜひ挑戦してみてくださいね~!

ライター

もんとみ

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ