2017.03.24

【DIY】アンティークワックスとメディウムで、ブリキの缶詰をエイジング塗装してみた

3598view

ターナーさんから発売されているアンティークワックスとアンティークメディウムを使ったサビ塗装レビュー第2弾をお届け。(第1弾は こちら 。)
前回はミルクペイントの上からサビ感を出すことができましたので、今回は下地を塗らず素材そのままでも古びた風合いが出るのかどうか試してみました!








    用意するもの
    ・アンティークワックス
    ・アンティークメディウム
    ・アクリルガッシュ
    ・スポンジ
    ・サビ塗装するアイテム
    ・サンドペーパー(紙やすり)






BEFORE





今回は100円で買ってきた缶詰の置物をチョイス。



STEP.1 表面をヤスリで削りワックスを叩くように塗る


粗目のサンドペーパーで表面に使用感を出し、アンティークワックスをつけたスポンジで叩くようにサビ色を乗せます。




STEP.2 メディウムを垂らし野ざらし感を出す


アンティークメディウムを重力を意識して垂らします。




STEP.3 アクリルガッシュとワックスを重ね付け


アクリルガッシュのブラウンとブラックを使い、サビ感を強めたい部分にスポンジで重ね付けます。お好みでアンティークワックスをプラスしてもOK。

POINT!:アクリルガッシュには水分を含ませず、乾燥気味にして付けるとサビ感UP!



AFTER





完成です!






道端に置いてみた。風景としても馴染んで・・・る!?



素材を生かしたサビ塗装もできました!(ちょっとやりすぎかも!?)
今回は缶詰の置物をエイジングさせましたが、これを応用すればインテリアをヴィンテージ風にしたり、いろいろなことができるんじゃないかと思います。ぜひ挑戦してみてくださいね!

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ