2017.05.17

【リノベーションレポート】※募集終了 世田谷区 三宿、事務所利用も可能なプチリノベ物件!

629view

ご好評いただいているリノベーションレポート第6回目は、池上オーナーの所有する世田谷区三宿の物件。ピンクのアクセントクロスに赤いキッチン、木目の扉とちょっぴりチグハグな印象を受けるお部屋をホワイトベースにプチリノベーション!(只今入居者募集中です!お問い合わせ先:info@localdata.jp)




BEFORE




AFTER




キッチンや扉を白く塗ることで統一感を出しつつ、ヘリンボーンの床で普通の部屋と差別化を図ったそうです!シンプルで洗練された雰囲気のあるお部屋になりましたね~!

オーナーの池上さんと、施工を行ったリノベーションタイムの蒲谷社長に新しく生まれ変わったお部屋のこだわりをお聞きしました!



──キッチンやアクセントクロスを鮮やかな色にしていたのには何か狙いがあったんですか?

池上:この部屋は事務所使用を目的にして作られていて、もともとはうちの会社が使っていたんですよ。仕事を辞めて、誰かに貸そうとしたときに、一度リノベーションをしました。それでキッチンを赤くしてもらったんだけど、なぜ赤にしたかというと、インターネットで募集するときに目を惹くだろうという僕の意見。当時も統一感ないから、変えたほうがいいですよって言われてたんだけど(笑)



──確かにこの赤は目を惹きますよね!

池上:うん。それと当時はアクセントクロスが流行ってたから、つけてよって言って。キッチンが赤だからピンクにしたんです。でも不動産屋に募集を頼んだとき、「なんでこの色にしたんですか?」って文句を言われちゃった(笑)

蒲谷:不動産屋さんは部屋をたくさん見てるので、なんとなくカッコいいものを知っているんですよ。だからなぜこの色を貼ったんだろうって思ったんでしょうね。

池上:そのリノベーション会社さんはこっちの言う通りにやってくれたんだけどね。



──それで今回プチリノベーションに踏み切ったんですね。

池上:キッチンもアクセントクロスも統一感がないから、白くしようと提案してもらって。それと床鳴りがするから床を直そうという話になりました。そうしたら(蒲谷)社長が、どうせ直すんだったらヘリンボーンの方がいいって言うんで、変えることにしたんですよ。

蒲谷:おそらく湿気で膨張した木が乾燥して痩せて、隙間ができちゃっているんでしょうね。床鳴りは一度開けて直すから、どうせなら同じようなものをやるよりも、ヘリンボーンをやった方がいいと思いました。

池上:ヘリンボーンにした方が全然オシャレだよね。



BEFORE





AFTER





──リノベーション後のお部屋の感想はいかがですか?

池上さん:まずこの床がやっぱりオシャレだなって思いました。それと、前は茶色の扉が付いてたり、キッチンが赤だったりして、色の統一感がなかったけど、今は派手な色がないから落ち着くよね。照明の色も暖かい色だし。あとはやっぱり有孔ボードだよね。有孔ボードのところの照明もいい。クローゼットのポールを付けたから洋服も飾れるし、いい感じだね。でも飾ってある雑貨がオシャレだから、洋服が掛けにくくなる(笑)

蒲谷:向こうの部屋にも収納があるから、入居する人によって使い分けてもらえるんじゃないかと思っています。

池上:どういう風に使うかが、お客さん次第で変わっていくのがいいよね。洋服をしまって、雑貨だけにしてもいいし。



BEFORE





AFTER




▲エアコンの位置を変更して、有効ボードを一面に。エアコンはリビング・寝室共に最新のものに変えているそうです。



BEFORE





AFTER



▲暖色のライトを使っている寝室。ラックの上にはBluetoothスピーカー(備品)が!









──寝室のエアコンの位置が向かい側に移動したんですね。

蒲谷:そうなんです。当初はエアコンの横までを有孔ボードにしようっていう話だったんだけど、エアコンを移動させたことによって全面に貼れました。

池上:全然違うよね。なかなか普通はここまでやらないんだけど、やってもらえるとありがたい。



──玄関には間仕切りを?

池上:2人でどうしようか考えて、やっぱり一番邪魔にならないのはこのパターンだと思って。


──確かに!郵便屋さんが来たとき、リビングが隠れて嬉しいです。逆にリビングから玄関が見えないのもいいですね。

池上:そうそうそう。玄関が隠れるっていいよね。

蒲谷:天井に下地を作っているので、ガッチリ付いています。ちょっとひと手間かかるんですけど、そこはしっかりやってます。羽の角度でも全然雰囲気が変わるんですよ。涼し気になったり。

池上:こういうところのこだわりが、空間プロデューサーの大事なところだよね(笑)



BEFORE





AFTER




▲間仕切りのブラインドは、羽の向きを変えることで異なった印象に。通常のブラインド同様、上に巻き上げたまま固定もできます。



──他にもこだわりってありますか?

蒲谷:窓枠も建具も全部白く塗って。クロスもよくあるものじゃなくて、ペッタリした塗装っぽいクロスにしています。キレイだったんだけど、張り替えさせていただいて、より統一感を出しました。

池上:普通の壁紙とはやっぱりちょっと違うんだよね。そこら辺がこだわり。塗装っぽい壁紙ってこういうオシャレな部屋に合うよね。

蒲谷:そうなんです。床に特徴を出して、他は統一感を出しています。これだとコストもかからずに差別化ができちゃう。

池上:これ床がヘリンボーンじゃなかったら面白くないんだよね。




▲バス・トイレは別になっています。



BEFORE




AFTER



▲ベランダには鳩よけを追加。


▲鍵はスマートキーになっています。ポケットにリモコンを入れておくと、ワンタッチで開閉する便利システム!暗証番号でも開けられます。


──ちなみにこのお部屋のマイナスポイントを聞いてもいいですか?

池上:間取り的に、テレビをどこに置くんじゃいってところ。ただ、今の人はどこまでテレビを観るのかって話だけどね。テレビがなくてもいいって人だったらね。

蒲谷:そうですね。

池上:キッチンの前に冷蔵庫を置いて、テーブルを置いて。それで向こうを寝室にすれば、ひとり暮らしの人もいけるし、ふたり暮らしの人もいけますね。



インタビューを終えて


快適に暮らせるようにお部屋に統一感を出したり、玄関前に間仕切りを置いたり、住む人の気持ちを考えた空間にリノベーションされていました!店舗をイメージさせるヘリンボーンの床と、清涼感のあるホワイトにまとめられたオシャレなお部屋で、新生活を送ってみませんか?ただいま入居者さんを募集中です!事務所利用はもちろん、ルームシャアやご夫婦の方にもオススメですよ!



ヘリンボーンの床と、ホワイトと基調とした清涼感あるリビングルーム。 - Spherical Image - RICOH THETA




寝室です。一面が有効ボードがなっており、いろいろな雑貨が飾れます! - Spherical Image - RICOH THETA






  • 最寄駅小田急小田原線 下北沢駅 徒歩18分
    京王井の頭線 池ノ上駅 徒歩12分
    東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩15分

  • 家賃¥107,000
  • 共益費¥3,000
  • 敷/礼1ヶ月/なし
  • 間取り1LDK(29.75㎡)
  • 築年1991年2月
  • 号室202
  • 構造鉄骨造
  • 方角西

  • ※事務所利用、法人利用の場合は別途消費税がかかります。敷金2ヵ月。



  • 【その他設備】

  • ・エアコン2台(新品)

  • ・室内洗濯機置き場

  • ・ガスキッチンが2口

  • ・BLUETOOTHスピーカー



  • 【その他贈呈品】

  • ・展示してある雑貨一式贈呈



  • 【お問い合わせ】

  • info@localdata.jp










20170315_ikegamisan1_20170423131755279.jpg
【大家さんインタビューvol.1 前編】入居者を幸せにする空間プロデューサーを目指していきたい。池上正芳さんインタビュー

なぜリノベーションを取り入れようと思ったのか、高家賃でも入居者に喜ばれる賃貸経営とは何か。池上さんの経営哲学について、じっくりとお話をうかがいました


8e3a51612cfb192c420f203ee26b40621.jpg
【大家さんインタビューvol.1 後編】入居者を幸せにする空間プロデューサーを目指していきたい。池上正芳さんインタビュー

後編ではリノベーションタイムの蒲谷社長を交え、2人が行っている賃貸リノベーションについて対談をしていただきました。

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ