2017.05.26

【体験レポ】本当に10分で開脚ができるの!?開脚美容家小川さんのセッションを体験してみた結果・・・

3444view

インタビューに続き、こちらでは実際に小川さんの開脚セッションを体験させていただきました!本当に10分で開脚ができるのか、ぜひ最後まで見届けてください!企業秘密のためセッションの細かな内容はお見せできませんが、ビフォーアフターの写真や会話の様子などはリアルなものを掲載しているので、参考にしていただければと思います!


いざ、開脚体験!


小川:セッションは全部で3回やるんです。1回やった人は落ち着くまで立ってウェイティングっていう感じで入れ替わりでやっていくから。
ミズカ:いやー楽しみ!
もんとみ:私ガッチガチに硬いですよ。前屈、床に手届かないですもん。
小川:準備が整ったら、写真撮影から始めるんで。
ミズカ:ビフォーアフターですね!
小川:写真撮らないと違いがわからないから。facebook載せるのがもしイヤだったら、LINEカメラで顔キラーンとかやるんで。じゃあ靴脱いでこちらに来ていただいて。まず、前後左右写真を撮ります。
ミズカ:えーと、乗っちゃっていいんですか?
小川:真ん中に乗って、立っていただいて。そしたらば、その状態で軽くどこまで曲がるかやってみてください。
ミズカ:無理しないでいいですか?
小川:全然無理しないでください。無理すると怪我しちゃうんで、絶対無理はしないで、痛いときは言ってくださいね。




▲前よりも硬くなったというミズカ。ショックを受けてます(笑)


ミズカ:いやぁー!あたしこんなしか行かない!ちょっと待って・・・うそぉー!!
小川:痛くないとこまでで、前の方に手をついてどこまでいきます?あ、そこまでね。
ミズカ:うそ・・・硬くなってる・・・。(絶望)
もんとみ:ははは!
小川:ここからちょっと小物出ます。卓球の玉です。これを手のひらで挟んで。
ミズカ:指を使わないでですか?
小川:そうそう。なるべく指を使わないで。



▲秘密道具のピンポン玉。

小川:自然にしていてください。このまま。僕が動かすから。ちょっと膝を開いてください・・・まぁいいやそれで。
ミズカ:まぁいいやって!(笑)
小川:ぎゅぎゅ、とやって・・・。はい、トンッて曲げてください。



▲トンッ!と曲がった~~~!!!


小川:どうです?さっきより行ってるよね?
ミズカ:いやぁー!行ってる!痛くない!
小川:これ前屈マジック。
ミズカ:弾いただけなのに!
小川:じゃあ開脚行きますか。まず座って、ちょっと曲げて。そのまま、何もしないでいいです。つりそうになったらやめてください。左右にちょっと捻りますね。このときね、自分で意識して捻ってください。僕は後ろから応援するので。はい、ぎゅー。痛いですか?
ミズカ:ちょっと痛いです。
小川:じゃあここでやめよう。大丈夫?
ミズカ:痛気持いい感じ。
小川:痛かったら言ってくださいね。やめるから。はい、じゃあ前に手を伸ばして。



▲小川さんの指導を受けると、こんな状態だったのが・・・



▲こうなる!!


ミズカ:肘がついてる~~~~!!!(感動)
小川:ここ写真撮ってください、ここ!(笑)それじゃあまた立ってください。さっきと違う感じ何かありますか?
ミズカ:あの、背中が楽です。自然に姿勢が良くなってる感じがします。さっきはきゅっと意識してた気がするんですけど、それが今は何も意識しないで、胸を張れる感じ。楽なんです。
小川:大地からポーンッてまっすぐ立ってる感があるよね。これは、スピリチュアル大好きな人に言わせると、グランディングなんですよ。横から見ても、姿勢がキレイに真っ直ぐになってるから。頭ってボーリングの玉くらい重いんですけど、姿勢が悪いとこうなっちゃうんで。そうなると背中から腰までくるんだけど。
ミズカ:楽!立ってるのが。
小川:こんなことを計3回やります。


選手交代


小川:じゃあもんとみさんもやってみましょうか。
もんとみ:お願いします。スミアセン・・・ちょっと足が臭いかもしれません・・・。
小川:全然大丈夫ですよ(笑)
もんとみ:(やさしい・・・!)
小川:はい、それじゃあ前後左右撮影しますね。割と姿勢いいですよね。
もんとみ:そうですか?いつも猫背だって言われるんですけど。
小川:今頑張ってる感じですか?
もんとみ:若干いつもよりキレイに立とうとしちゃってます(笑)写真撮られるんで。
小川・ミズカ:わはは!
小川:できれば猫背でいてくれた方が、我々はおいしいんですけど、ネタ的に(笑)前屈どこまでいきますか?
もんとみ:ここで痛いです。



▲この姿勢をキープするのもつらい・・・。

小川:はいOKです。さっきのピンポン玉持ってもらって。これ、古武術で朝顔の手っていいます。
もんとみ:朝顔の手。へぇ。
小川:普通の手と朝顔の手って使う力が違うんだけど、それをやりやすくしたのがピンポン玉。
ミズカ:この形を作るために?
小川:そうです、そうです。
ミズカ:なるほど。
小川:ぎゅっぎゅとやって。はい、腕を下に降ろしていただいて。ポンッて前屈してみて。
もんとみ:そい!



▲全然難しいことはしてないのに、簡単に曲がった!


もんとみ:わ、すごい!ポンッて曲がった!

ミズカ:いやぁ!すごくない!?私よりすごい!
小川:3クールやったあとは、さらに前屈行くと思いますから。
もんとみ:感動しますね!
小川:でしょ?これもう限界超え1発目ですね。じゃあちょっと座っていただいて。開脚前屈どのくらいいきますか?



▲わざと硬いフリをしているわけではありません…。


小川:あー!
ミズカ:いいサンプルが来たみたいな(笑)
小川:来たなー!わはは!(笑)はい、ありがとうございます。
もんとみ:つらい!
小川:比較的重症気味ですね。横からみるとわかるんですけど、骨盤が後ろに傾いているんですよ。だからキツイの。僕もねこうだったんですよ。
もんとみ:へぇ~。
小川:丹田に力を入れて、腹圧が上がることで、体がみなぎるんですよ。
もんとみ:剣道やってたときも丹田意識って言われてました。
小川:そうです。ヘソ下三寸で、腹圧をキープしておいてくださいね。
もんとみ:ふ、腹圧・・・。
ミズカ:辛そうな顔して(笑)
小川:最初はできなくてもいいんだけど。僕なんかこれで足釣ってましたからね。で、またピンポン玉を持っていただいて、ねじります。痛かったら言ってくださいね。なるべく自分で頑張っていただいて・・・はい、ピンポン玉取って前にズドーン。
もんとみ:よいしょー。



▲さっきよりも前に進んだ!


小川:今肘床から10センチ。はい、1回目終わりね。立ってください。
もんとみ:あ、体が軽い・・・。ふわって感じ。
小川:ぽっぽしてくるでしょ?
もんとみ:すごい暑いっす!
小川:これ、アドレナリン系。足踏みしてて、立っててさっきと何か違うところある?
もんとみ:上半身楽ですね。腰から上がすごく楽です。
小川:立ち姿がキレイになるから。すごく。
もんとみ:肩も後ろにピッとなるかんじ。悪かったところが正されたってことですか?
小川:そうですね。僕、これはじめた頃、骨盤後傾だったから、椅子座ると背もたれに寄りかかってたんですよ。でも今は腹圧キープしたままだと、電車で座っても背中つかないです。じゃあ交代して、2クール目行きましょうか。やることは一緒なんですよ。これも自分でできる。にゅっと伸ばして、開く。痛くないですか?大丈夫?
ミズカ:はい。
小川:そしたら手をこんな感じにキープして。曲げていきます。で、自分の行きやすいところで前に歩いていってください。



▲ベタ~~~~ッ!!

ミズカ:いや!すごくない!?
もんとみ:すごい!ミズカさんすごいですよ、今!なんかサーカスの人みたい。
ミズカ:もうちょっといけますよ?
小川:でしょ?女の人はね、欲が出るんですよ。ははは!(笑)地面が近くなる感覚を体とか脳みそが覚えると、もう1回やりたくなるんですよ。じゃあ立っていただいて。
ミズカ:いや~、これは感動する。やばい!
小川:今の感動をそのまま持って、このまま3クール目行っちゃいましょうか。さっきみたいに腹圧入れて、キープしたまま座ってください。で、開脚。これ体曲げる時も、腹圧キープで腹から曲がるんですよ。



▲短時間で「肘付き顎乗せ」までできるようになった!


もんとみ:かわいい!(笑)
小川:僕もちょっと写真撮らせてください。
ミズカ:口角あげてましたけど、私(笑)顔写ってるかわからないけど、ニッコリしてましたけど。
小川:これで次来るまで、終了でございます。
ミズカ:あ、これやりたいかもな、私。だって楽なんだもん立ってるのが。いやすごい。なんか、最後のクライマックスがもう、あっという間というか。感動っていう意味がわかる。
もんとみ:これか!っていう。
ミズカ:うん。すごいよ、すごいよ、すごいよっていうのが来るのと。私、曲がったことが嬉しいんじゃなくて、気持ちよく立ててるのが嬉しい。下半身が安定して、気持ちよく立ててるのが。気持ちがいい。
小川:なるほど。
ミズカ:ちょっと!もう汗だくですよね。あ、拭かないでほしかった!もうやる方も大変なんだよっていう。集中力と。キレイな汗。



▲「僕らが腹入ってないと、クライアントも入らないんですよ。だから僕らも腹圧ガーン入れて。気合入れてやってるから暑いんですよね。」という小川さん。常に全力でぶつかってきてくれるので、こっちも腹圧に気合が入ります!


小川:じゃあもう2回目、3回目まで行っちゃいましょう!腹圧キープしたまま座ってくださいね。ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ。大丈夫ですか?
もんとみ:全然平気です。
小川:手をついていただいて。ここを入れ込む感じ。はい。自分でも頑張ってくださいよ。で、行きやすいところで前にポンポンポンと行ってください。
もんとみ:ポンポンポン。



▲こんなに曲げても痛くない!オデコついたけど、よく見るとお尻が浮いててズルいですね(笑)

ミズカ:え、ついてるじゃん!
もんとみ:全然余裕なんですけど!
小川:オデコつきます?
もんとみ:オデコつきました!
ミズカ:すごーい!
もんとみ:このまま1時間くらいキープできそう。
小川:ははは!すごい進歩ですね。じゃあ1回立ち上がって。
ミズカ:すごい!硬かったのにね!
もんとみ:はい!めっちゃガチガチだったのに!感動ですね、これは。
ミズカ:あと血色がいい。なんかピンクになってきた。
もんとみ:ぽっぽしてます。ああ、いい汗かいたなぁ!
小川:前屈どのくらい曲がります?
もんとみ:そぉい!



▲最初はつかなかった手が!余裕で床に着きました!

ミズカ:あ、つくじゃん。
もんとみ:余裕ッス!(ドヤ)
ミズカ:すごいねぇ。
もんとみ:すごいですねぇ。
小川:今日のやり方で続ければ。空腹のときが一番効きます。ご飯食べたりお風呂入ったりすると緩んじゃうから。腹圧が入りにくいんですよ。

小川:これビフォーアフターね。


劇的ビフォーアフター





▲小川さんが撮ってくださった写真。たった10分のセッションで、2人とも体が柔らかくなりました!

ミズカ:すごくない!?
小川:こないだやった人は、最初の1クール目でオデコついたんですよ。
ミズカ・もんとみ:へぇー!
もんとみ:さっきのミズカさんすごかった。
小川:ミズカさんすごかったね!
ミズカ:やったぁ!いいサンプル(笑)
もんとみ:私の開脚はあんまり変わってないかも。
小川:どうかな?写真で見ると意外と変わってたりするから。





小川:これ、背中の角度見てください。直角だったのが、前に進んでるでしょ。
もんとみ:おっ!見比べると前に進んでるのがわかりますね!
ミズカ:っていうか、手ついてなかったの?最初。
小川:ついてないですね(笑)マイナススタートですから(笑)
ミズカ:ははは!
小川:そう考えるとかなり進歩だよ!
ミズカ:すごいよ!
もんとみ:てっきり最初もついてたのかと思ってました(笑)それぐらいできてるだろうって(笑)
ミズカ・小川:ははは!



インタビューと体験を終えて


ミズカ:要所要所のタイミングでいい出会いがあって、触発されてここまで導かれてきた小川さん。
飾らないポジティブなキャラクターに、お話をさせていただいている間も元気をもらえることができ、楽しいインタビューになりました。「開脚」は、思っていた以上に「え、こんなことで?!」的な軽い感じでしたが効果は絶大。下半身がシッカリと安定しているのがわかり、上半身の存在を忘れるくらい、すごく楽に。姿勢よく立っていることがこんなに自然だなんて…。「武道でいうところの、上がカラで下が充実する」という状態。曲がったことが嬉しいというより、気持ちよく立ててるのが嬉しい!土台がシッカリすると気持ちにも余裕が出てくるんだなぁ、とも。あんなチョットのことでのこの気持ちよさは、どんどんと広まってみんなでわかち合えたら素敵だと思います!!


もんとみ:フレンドリーで話しやすい小川さんのおかげで、終始笑いが絶えない開脚セッションでした。驚いたのが、セッションを体験したあと、駅に向かう途中でやたらとパンプスが脱げたこと。いつもピッタリなのになぜ?と不思議に思っていたら「むくみが取れたんじゃない?」とミズカからの指摘を受け、なるほど!と納得。リンパの流れが良くなったからでしょうか。そのあと2時間演劇を観たら元に戻ってしまいましたが・・・(笑)あと嬉しかったのが、いつも腎臓が悪そうな肌の色(土気色)をしていたのに、セッション後はピンク色になっていたこと!血流がよくなるとこんなに即効でいい効果が出てくるんですね。

セッションを1度受ければ自分でもできるようになるとのこと。毎日ストレッチしたら、ムクミの元からなくなるかな!?やるしかないっっ!


インタビュー・構成:ミズカ、写真:もんとみ


体験中の様子を動画でチラ見せ










【オーナーインタビューvol.22】開脚のマンツーマンレッスンをしてくれる美容室!?開脚美容家小川英夫さんインタビュー

インタビュー編では、なぜ美容師である小川さんが開脚に目覚めたのか、その歴史をうかがいました!




Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA





  • ヘアーハロー(hair Hello)


  • 住所東京都世田谷区三軒茶屋1-35-21 第2通南ビル2A
  • 最寄り駅東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩5分
  • TEL03-3487-8600
  • 営業時間9:30~20:00
  • 定休日毎週火曜日、第3火・水曜日(連休)
  • URLhttp://hair-hello.com/




ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ