2017.06.11

【インテリアコラム】たかが脚立、されど脚立。ステップラダーを絵になるディスプレイ台にしてしまおう!

801view

ステップラダー=脚立。それはいわゆるところの脚立です。高いところのものを取るときや、電球をかえたりするとき、特に一人暮らしには一台あると便利なのが、このステップラダー。折りたたみ式は使わないときに隙間収納ができるから、場所もとらないので人気アイテムのひとつ。

でも。せっかくデザイン性の高いものを選んで買ったのに、しまっておくっていうのも、もったいない気が…実用的に使うもよしだけど、収納やディスプレイスペースとしてステップラダーを使ってみると案外見映えもよく、絵になったりしますよ!



▲フォールディング2ステップラダー:折りたたみ式のステップラダー。使っていない時は畳んでおけるので、隙間にサクッとしまっておけるのもうれしいところで、持ち手付きは移動も楽。

グリーンのディスプレイ台として。水が気になる方は、スチール製がオススメ。



シューズの見せる収納として。使い込んだシューズには使い込んだステップラダーでヴィンテージ感を。



▲ウッド4ステップラダー:使い込んだ経年変化も楽しめそうなウッドステップラダー。自分でペイントしてオリジナルにしてもいいですね。広げた時に後ろ側にも台があるので用途もひろがりそうです。

お部屋のコーナーに好きなものを集めたスペースづくり。本だったりランプだったり、とにかく自分のとっておきを飾っちゃいましょう!



脚立は道具、工具としての印象も強いけれども、今はデザインはもちろん、素材やカラーも選べるくらいに種類も多くなっているので、お気に入りを見つけてお部屋のインテリアとして活用してみるのもありですよ!


【Folding 2 Step Ladder of PUBLIC】

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ