2017.06.14

【食レポ】異国情緒満点!まるでタイの屋台街にいるような錯覚を起こすバーン・キラオ下北沢店

1251view

今回の食レポは、タイからお送りします。




・・・スミマセン、嘘つきました。

ここは下北沢の「タイ国居酒屋 バーン・キラオ」。本場タイ出身のコックが腕を振るう料理をいただける居酒屋さんです。入店するとタイ人スタッフが「イラッシャイマセ~」とお出迎え。タイ語風の日本語にほんわかします。





バンコックの繁華街・カオサン通りをイメージした店内。いかにも本国風な内装がかなりイイ!雑然としていて高級感があるわけではないのだけど、とても落ち着く空間です。





ランチメニューはこちら。パッタイ(タイ風焼きそば)と、カオパットクン(えびチャーハン)はスープとタピオカがついて500円と激安!
700円のガパオライスを注文。そして数分で料理が出てくる。スピード感すごいっす・・・!(どんなシステムなんだろう?)






ガパオライスはしっかりとした辛さとお肉の旨みがマッチしていて、スゴク美味しい!ライスはやはりタイ米で、独特な香りがお肉と合いますね。

食後も辛さが舌に残るほどなんですが、セットでついてくる「タピオカ入りココナッツミルク」を飲むと口の中が落ち着きます。甘さが染みる~!

スープには野菜がゴロッと入っていて、お得感がありますね。




▲下北沢北口を少し歩いた先、写真手前の階段を上がって2階に「バーン。キラオ」はあります。


店員のタイ人のスタッフに、写真を撮って大丈夫かと尋ねると、ニコッと笑って快く許可してくれ。写真を撮っていると、厨房のスタッフ(こちらもタイ人)から「(店内)キレイ?」と声をかけられ、「超キレイです!」と、答えるとまたまたニコッと笑ってくれて。タイ人の笑顔イイ・・・!異国の方とのちょっとしたコミュニケーションにほっこり。

スタッフさん同士のやりとりは基本的にタイ語で、ときどき聞こえてくる鼻歌もタイ語。ちょっとした海外旅行気分が味わえます。今まではディープなタイ料理屋っぽいなぁとなかなか入れずにいましたが、来てよかったです!






  • バーン・キラオ


  • 住所東京都世田谷区北沢2-30-2 丸和センター2F
  • 最寄り駅京王電鉄・小田急電鉄「下北沢」駅 北口から徒歩3分
  • TEL03-3468-7400
  • 営業時間2:00~ 23:00
  • 定休日年中無休
  • URLhttp://baankirao.com/




ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ