2017.07.20

【ローカルデータ挑戦企画】ノスタルジックな公園をどれだけフォトジェニックに出来るのかッ?!

758view

池尻大橋に取材に来たミズカ(インタビュー係)ともんとみ(写真係)。
せっかく来たのだから、何か面白スポットを押さえてから帰りたい。
そんなことを考えながら宝探しをするように歩くこと数分、懐かしい公園を見つけました!

ミズカ「ねえ、ここをどれだけフォトジェニックにできるか挑戦してみない?」
もんとみ「お!やってみましょうか!(瞳を輝かせながら)」




▲フォトジェニックなアングルを探すミズカ。


そしてやってみた













溢れ出すフォトジェニック!!!



たまたま通りがかった東山児童遊園は昭和27年開園という歴史ある区立公園。面積の割に遊具が充実しています!しかもその遊具がまたカラフルで可愛いんですよ!程よい経年劣化感が合わさったノスタルジックな雰囲気が私たちの興味をひきました。


こんな思いもよらぬインダストリーの発見も!




ミズカ曰く、「ラスティックな風合いのアイアンと、コンクリートのコントラスト。ノスタルジックどころか、随所にインダストリーが隠れている。」とのこと。




平日だからか子ども達もいなかったので、遊具を使って少しだけ人物ありの撮影をしてみました。




今やあまり見なくなった回転遊具。もしかしたら目黒区唯一(!?)かもしれない。
ただ撮影しても絵になります。回しても良し、座っても良し。
「ぐるんぐるん回って躍動感のある絵が欲しいっ!」と回し始めて飛び乗り始めたミズカ。要望むなしく…止まって見えます。





ブランコは下から仰ぐように撮影するとフォトジェニック!!!

もんとみ「いいですね〜絵になりますね〜」
ミズカ「もういい?もういい?」
もんとみ「もうワンショットだけ!!」
ミズカ「あ、ちょっと酔ってきた…」

※一見遊んでいるように見えますが、2人とも汗だくで撮影しています。



置き去りにされていた水鉄砲を小道具に…





小道具を使ってもフォトジェニック!!




まとめ


公園から遊具が消えゆく今の時代に、ここまで充実している公園も珍しいのではないでしょうか。
小さなお友達は遊具で遊びに、大きなお友達はインスタの写真撮影スポットに、ノスタルジッククラスタには錆萌えに。
様々な用途で訪れたくなる公園でした。お隣には東山貝塚公園もあり、どちらも行き来しながら楽しめそう!

切り取り方や捉え方によって公園っていかようにも楽しめますね。皆さんも近くの公園に行って思わぬ発見を楽しんでみてくださいね。


ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ