2017.11.19

【インタビュー】サーファーDJ佐藤千尋(DJ SUGAR)さんインタビュー!DJ JUN!?のDIGって○○

1678view

ローカルデータ番外編、DJ JUN!?のDIGって○○。シリーズ第6回目のゲストは、DJ SUGARこと佐藤千尋(さとうちひろ)さん。プロサーファーとして多忙な日々を送りながら、DJやスノーボーダーとしても活躍されています。今回はそんな佐藤さんにDJに目覚めたきっかけから趣味の話、今注目しているサーファーなどじっくりとお話していただきました!


【インタビューを受ける人:佐藤千尋さん】

1979年11月28日生まれ、B型。4歳の時父の影響でサーフィンではなく釣りはじめ、小学校6年生の時にサーフィンと出会い、高校1年生でDJをはじめ2000年にJPSAプロサーファーになり現在、雑誌、DVD、テレビ などで活躍中。

◆ブログ ◆インスタグラム




【インタビューをする人:DJ JUN!?さん】

95年からキャリアをスタートさせ、DJを核にドメスティックブランドのモデルやデザイン、MCなど幅広く活動。ジャンルレスな選曲でダンサー達を魅了し続ける。ローカルデータが取材したことをきっかけに、本コーナーの担当に。


◆サイト ◆インスタグラム







──僕らはどこで知り合ったっけ。10年くらいはもう付き合ってるよね。club axxcisで一緒にレギュラーイベントをやってたのが一番大きかった。それでDJ以外の時も会うようになって。世代が一緒だから、共通の友達とか全く一緒だったし、そこでやっぱりどんどん近くなって。──速攻仲良くなったよね。時間ある時に飯食おうとか、スクラッチやるから来る?とかね。ではでは始めましょうか。プロサーファー、DJ、スノーサーファー、スケーターとマルチに活動されているSUGARくんですが、現在メインでやってるお仕事は?サーフィンの方だね。サーフィン関連の販売・企画とかのメーカーをやっていて、DJを副業っていう形でやってる。DJって入る時と入らない時があるから。例えばMIX CDをリリースしてる時としてない時とかね。──MIX CDすごい出してるよね。俺聴かせてもらっているけど、2枚組作ったり手の込んだことやってるよね。一応ちゃんと出したのは15作。今は年2で出していて。あと企画物とかもね。メインストリームものが1枚目、自分が作りたい、聞かせたいMIXを2枚目に入れたり。──例えば1MIX CDを作る時にどれくらいの期間かかって1枚完成するの?だいたい録音を始めようって言った日から商品があがってくるのが、1ヶ月近くかかるかな。もっと早くやれば多分もっとできるんだけど、入稿して多分2週間くらい。だけどね、何作ろうかってずっと考えてんだよね。だから1ヶ月かかるのかもしれない。

小学校5年生から波に乗って遊んでいた


──じゃあサーフィンのこと聞いてもいい?SUGARがプロサーファーになれたのって自分では何が大きかったと思う?プロとして公認を受けたのは20歳。もう17、8年前の話だよね。若いし、その世代のプロサーファーってほとんどいなかったんだよね。高校卒業くらいにプロになりたいなって、なんとなく思って。卒業してサーフィンばっかしてたら、親父にいつまでサーフィンやってるんだ、仕事はしないのかって言われて。適当に20歳までにプロになるよって言って、ギリギリ21歳の誕生日前にプロテストに受かったんだよね。──お父さんはサーフィンはやるの?やらないんだよね。親父が唯一教えてくれたのが釣りで。俺は釣りが全てのルーツ。海に行くようになったのも釣りで、それがきっかけで小6の夏にサーフィンしたいなって始まった。──小学校5、6年生の時の遊びが皆サーフィンだったりしたの?いや、サーフィンやってる小学生なんて当時はいなかったよね。今はもう普通かもしれないけど、親が一緒にやりたいからって海に連れて行く以外はやれないよね。俺は海まで自転車で行けたし、釣りにも毎日のように行ってたから。

スポンジのあるボディボードって、足のヒレつけなければ海水浴場でできるのね。あれで5年生くらいから波に乗って遊んでた。もうちょっと波に長く乗りたいなって思うようになって、サーファーがいる海に行って。サーファーの兄ちゃんに「乗らせてほしい」って言ったんだよね。で、すぐ立てたんだよね。帰って「サーフィンやりたいから板買ってくれ」って言ったら親びっくり(笑)
──ファミコンのカセット買って欲しいっていうよりもサーフボードだったんだね。誕生日とかはゲームより釣竿だね。その後、夏のバザーでスッゲー古いかまぼこみたいな板が5千円だったの覚えてるんだけど、サーフボードあるからこれ買ってって言って、買ってもらってそこからどんどんサーフィンの方にね。



自宅に眠っていたテクニクスのMark II


──DJはいつ始めたの?DJやってた先輩がいたんだよね。中学生の時にサーフィンを教えてくれてた5個上の人で。その時の5個上って超大人じゃん。DJやってて、ローライダー乗ってて、スッゲーかっこよくて。その人の真似ばっかしてた。だから俺もDJやるって言って。クラブにも連れて行ってもらってた。高校1年生の時にはターンテーブル2台持ってたね。これもねエピソードがあるんだけど。──エピソード聞かせてほしい!中学生の時は神奈川に住んでいて、TVK(テレビ神奈川)で「billboard TOP40」っていう番組がやってて。HIPHOPとかラップとか、時洋楽興味あったからMIX作ってみたいな、自分のテープを作りたいなって思ったんだよね。それってDJやってみたいなって思うのと一緒じゃん。で、何だか知らないけど家にテクニクスのMark IIが一台あったのよ。──ええっ!親父は音楽が好きで、アンプとか自分で作ってたんだよね。それでプレイヤーとして持ってたのターンテーブルを。「これだよ!」って言って(笑)あともう一個は自分で買って、ミキサーも頑張って買って。家にあったのはMark IIのシルバーだったんだけど、買ったのはMark IIIで黒でさ。シルバーと黒のコンビでちょっと嫌だったんだけど(笑)──なんかグーニーズみたいな話だね。天井裏に地図があったみたいな勢いだよね。そうだね。興味があった事にさらに1個引き金があったという感じかね。



海と似た魅力がある山


──DJのエピソードもらいました。ではスノーボードはなんで始めたの?はっきり言って興味なかったの。スケートもそうなんだけど、怪我するって思って頑なにやんなかったよね。でもねスノーボードの雑誌でプロサーファーに山を滑らせるみたいな企画があって行ったら普通に楽しかったんだよね。

今、仕事でウェットスーツの販売の営業してるんだけど、この会社ってスノーボードの日本の国産メーカーで一番古い会社で。その雑誌の企画のあとに会社でサーフボードっぽい形のスノーボードが目に入ったわけよ。お、何これサーフボードじゃんって。社長に聞いたら、これはもう山でサーフィンするものだと。それ借りて山に行ったら、サーフィンしてる感覚だったんだよね。山もね、海とすごい似て魅力があって。登るようにもなった。
──登山をするの?登山というよりはね、板持ってGPS持って、雪山登って、そこを滑る。シンプルでしょ。バックカントリーってやつなんだけど、そういうのもやるようになった。自分で登った分だけ滑る。サーフィンだってパドリングして沖に出た波に乗る。一緒じゃん。とことんやっちゃうんだよね。釣りもサーフィンもDJもスノーボードも。



父が教えてくれた「釣り」が全てのルーツ


──ちょっとこれ普段聞けない話聞けて面白いな(笑)じゃあ次いきます。DJとサーフィン以外の趣味ってあったりする?趣味と仕事の話になるんだけど、今まで本当に好きになったものは全部辞めてなくて。サーフィンもDJもスノーボードも一応全部仕事なんだよね。で、唯一仕事にしてないのが釣りなの。一番大事なものは仕事にしないようにしてる。なるべくね。今日も行ってきたよ、釣り。──おお〜!!何釣ったの?今日は釣れなかったよ(笑)釣れない日のある。それも釣りなのよ。毎回釣れちゃう釣りなんて面白くないじゃん。──そうだね facebookとかインスタでよく見るっ。バッチリ釣ってるよね。さすがだなって思って。息子たちもね。家族もいるから子ども達と一緒に釣りしたりしたよね。──釣った魚って食べられるの?全部自分で捌いて食べるね。肉切るのと一緒よ。一緒に釣りに行って、魚釣れて、それ帰って食べようよって言って食べたらもう美味しいよ〜。釣ったものを食べて生活していくって、なんかすごい自然じゃない?野菜とか採って食べるのと同じ。そういうのを俺は親父から教えてもらって自然と身について。それをそのまま子どもに教えてあげてるっていう感覚。

子ども達にそういうの超いいよね。すっごい楽しいと思うんだ。ゲームでやっつけたとかじゃなくて、俺釣って食ったんだよって。だから出された魚ね、綺麗に食べなよって。うちの子は綺麗に食べるよ。



▲七夕キャンプのロケ中に釣りを楽しむDJ SUGARの息子さん。

──たまにノリで釣りにはいくんですけども、全然釣れない(笑)まぁね(笑)だってさ、魚だって釣られたら食われるでしょ。殺されちゃうわけだからさ、釣られたくないよね。すごいんだよ。相手は魚じゃん。海だったり川だったり自然のものじゃん。金も権力も、魚にはね通用しないのよ(笑)喋れないしね。だからもう命のやりとりだよね。大げさに言うとね。──なるほど!それはすごい。どんなにお金持ちでも。。。って事ねまぁいい道具を買って、釣りやすくなるっていうのはあるよね。同じ道具でさ、同じ場所でやったら、魚は「あいつ金持ってそうだな」とかって来るわけじゃないしさ(笑)──魚と釣る人達は対等だね。うわぁすげーいい話聞いたなぁ。釣りは沖からやるの?船もたまにやるだけど、岸からやるのが好きで。ウェットスーツ着てね。ちょっと沖に磯があって、そこまで泳いで渡るんだよね。こんなところで釣りしてる。命のやりとりしてるでしょ。



──もう海の中じゃん(笑)サーフィンと似てるんだよね。いい波乗るのにそこまで自分で行く努力と、いい魚釣りたいからそこまで行くっていう。スノボでいい雪滑りたいから、誰も滑ってないファーストトラック狙ってハイクアップするとかね。──今度、釣り一緒に行きたいなぁ。釣りは子どもたちと一緒にやってるんだよね。サーフィンやDJの楽しみ方も伝えていきたいと思う?うん。既に家族で釣りやってサーフィンやって、スノーボードもやってるよ。キャンプもすごい好きで。DJに関しては、やっぱり押し付けるものじゃないからね。──教えたいというよりかは自然とそういう流れになってるね。どんな大人になるんだろうなぁ。でもそういう風に音楽とかカルチャーものっていうのは、勝手に下の世代がくっついてきて欲しいって思うけどね。先輩が悪いから育たないんだっていうのはあるかもしれないけど、そういうのが響かない世代っていうのもできちゃってるのかなって思う。もっとうちらは遊ぶべきだったし、それは遊んでるのを思いっきり伝えるべきだったかもしれない。これ以上どうやって俺遊ぶんだっていうくらい遊んでるけど(笑)


サーフィン業界において目に見えて壁になっていること


──どっちやねん(笑)では次いきますよぉ 現在のサーフ業界、DJ業界について伝えたいこと、課題や要望などあれば教えてください。まずサーフィン業界からいきますか。もうちょっと隔てがなくなるといいのかなぁ。例えばね、日本は日本語ばっかで英語もほぼ通じないに等しいと思うのね。東京なら英語喋れる人も多いとは思うんだけど、都心以外の所だと喋れない人が多いっていうのが一つ壁。外国人に対して「Whats up?」っていう気持ちがあるのにできない。ちょっと引っ込み思案な日本人の国民性があるよね。向こうはないんだよ。万国共通の英語で話しかけてくるから。



──今だと本当にそうだよね。そう。そういうとこも大事だよって。──もっと日本人世界にみたいな。DJだって音楽業界だってそう。今からでも本当に英語身につけたいし。DJ HOKUTOはもう既に何年も前から世界と「Whats up!」してるよね。若い子たちに受け継がれるといいね。──DJ業界サーフ業界共通のお話。そんな偉そうなこと言ってあんま喋れないけどね。俺はね(笑)──(笑)そういう事自分も体験してるから語れるんだろうね。突然なんですが1個聞いていいっすか??現在注目してるサーファーを教えてほしい!できればその理由も。これ最後の質問かな。注目してるサーファーは日本人。世界ツアーの2次リーグがあって、そこのトップランクに食い込んでる大原洋人っていう千葉出身の子。今ハワイに住んでるんだけど、日本人で初めてカルフォルニアのUSオープンで優勝したのね。そこから一気に世界に。世界で一番賞金が高い試合なんだよ。賞金1000万。



──ええ!もう東京オリンピックの一番の候補だよね。日本育ちで日本人の親。世界最高峰のワールドツアーを周れる可能性がすごい高い。いい位置にいる。多分世界のサーファーで大原洋人の名前知らない人いないよ。そのくらい有名だね。──今後もニュージェネレーションが出てきてくれると面白いねっ。では、こんな感じですかね。ありがとうございました!期待しよー。 ありがとうございました。


インタビュー:DJ JUN!?、構成・写真:もんとみ(一部画像提供)

ライター

ローカルデータ編集部

このライターの記事はコチラ

あわせて読みたい関連記事

人気記事ランキング

ページの先頭へ