【加山なつこ, 浅倉彩音】マンコをつくづく眺めたい人には最適 – パイパン熟女レズビアン 加山なつこ 浅倉彩音

パイパン熟女レズビアン 加山なつこ 浅倉彩音

自分達の街に大きなショッピングモールが進出したのをきっかけに、互いの夫が切り盛りしている店の客足が遠のいてきた事から共同で商品を開発して頑張る主婦友達のなつこと彩音。

しかし成果は実らず周りの店も潰れてきた頃、彩音の夫が一人で夜逃げをしてしまう。

自暴自棄になった彩音は自ら陰毛を剃り落とす。

そして、なつこだけを拠り所にしようと決めたが、一抹の不安も感じていた。

人気豊満美熟女二人による初パイパン作品!

「パイパン熟女レズビアン 加山なつこ 浅倉彩音」の本編動画はこちらから

女優名: 加山なつこ, 浅倉彩音

熟女らしい、ムッチリしたお肉

熟女らしい、ムッチリしたお肉が美しいです。

剃毛シーンはありますが、もっと言葉責めした方が良かったかな。

「肉弾相打つ」と言う表現がピッタリなレズ満載です

なつこさん彩音さんの共演は何作目でしょうか?当方の記憶では今作が3作目ですね。

近親相姦のスワッピング物や姉妹役の作品で共演して安心感が有るのか、お二人とも息がピッタリ合っていました。

彩音さんはレズ物にも出演作が多いですが、なつこさんは出演作は少ないので彩音さんリードかなと思いましたが、なかなかどうしてなつこさんも負けてないですね。

今作はストーリー云々より、「レズシーン」の濃厚さが際立っている作品ですね。

しかも悌毛しているシーンも有って、エロさ爆発でした。

当方が最近観たレズ物の中ではトップクラスかも知れません。

ムチムチしたお二人が貪欲に貪り合う姿は、まさに「肉弾相打つ」という表現がピッタリです。

お二人の絡む様は「卑猥」さ満点ですね。

「エロの化身」と呼びたい位です。

彩音嬢の必死さに共感

浅倉彩音さんの行きまくり責めまくりの必死さは伝わってきます。

またパイパンのきれいに剃りあげたマ○コにも加山とともに官能的な情景だ。

ただ彩音さんも肉体がブヨブヨになって来てソロソロだなと言う気がする。

流石です!!

プライベートでも仲がいいベテラン熟女同士は迫力が違います。

毛を剃ってパイパンになりケツを向かい合わせてのアングルはしっかり抜けます。

でっかいオッパイ、でっかいケツ、彩音さんの涎と潮吹きも相変わらず天下一品です。

オープニングの

乳首がこすれあうところからエンディングまでエロさ満載ですね。

おっぱいのむしゃぶりつきや剃られたあとこねくり回される悶絶シーンなど、びんびんですね。

だからこの2人はこの業界で息が長いわけですね。

これ以上ないボリューム感

加山なつこさん 浅倉彩音さんのお二人による“超ボリューム満点”状態です。

お二人のお腹周りの肉置きといい、パイパンにしたあそこを二人でクチュクチュ擦り合わせる貝合わせといい、すべてにおいてボリューム&迫力満点でしたね。

超濃厚な豚骨チャーシューメン大盛り・・・といった肉弾相打つ作品です(笑)

肉感的なレズビアンがお好きな人はどうぞ。

加山さんも浅倉さんも肉感的で魅力のある女優さんだと思いますが、どうも私はレズビアンというものに全く魅力を感じません。

この作品は最初から最後までレズビアンと自慰のオンパレードで、それが好きな人にはいいんでしょうが私はどうも駄目ですね。

せっかく剃毛シーンを撮るんだったら、やっぱり男性に不本意な形で剃られる(設定はどうあれ)方がいいです。

マンコをつくづく眺めたい人には最適

加山、浅倉と量感のある二人のヌードとパイパンマンコを楽しめる好企画である。

 加山のくの字に曲がったマン筋まで読める。

 34-40分、浅倉が自ら剃毛したツルツルマンコを撫でている中に昂ぶり、バイブを使ってオナニーへ進む。

 大きく開脚してパイパンマンコにバイブを突っ込み三段腹を揺すってイクッ、このシーンは絶景である。

44-76分では二人がソファの上で絡むのだが、特に浅倉の量感のあるヌードが綺麗である。

80分からはバスタブに腰掛けた加山を開脚させ浅倉が剃毛する。

 星4つにしたのは、カメラに不満があるからで指マンで喘いでいるのに顔のアップを長々と撮り、左手でオナッテいるのを左側から撮り、クンニを頭の真後ろから撮り、と観客には不満が残る。

 女優の腕や手の位置をそれなりに変えて撮る、と言う観客に対する配慮が足りない。

「パイパン熟女レズビアン 加山なつこ 浅倉彩音」の本編動画はこちらから