【森ほたる】何が撮りたかったのか? – 隣の人妻は、休日はいつもノーブラ。 マドンナ専属《巨乳》No,1美熟女 第5弾!! 森ほたる

隣の人妻は、休日はいつもノーブラ。 マドンナ専属《巨乳》No,1美熟女 第5弾!! 森ほたる

浪人生の山田は隣に住む巨乳の美人妻・ほたると近所のコンビニや帰り道ですれ違うのを楽しみにしていた。

そんなある日、隣家の窓の隙間からほたるが着替えをしているのを目撃!しかも着替えた後はノーブラ!そう、休日ほたるはノーブラなのだ。

そんなほたるがなんとノーブラのままお裾分けをしようと山田の家にやって来たのだ。

気の弱い山田はただ動揺していたが、たまたま部屋にいた友人の小田切が無防備なほたるに抱きつき…。

「隣の人妻は、休日はいつもノーブラ。 マドンナ専属《巨乳》No,1美熟女 第5弾!! 森ほたる」の本編動画はこちらから

女優名: 森ほたる

今までで一番良かった

ドラマの演技力はともかく、友人役の男優さんとの相性が良かったのか、楽しんでエッチしてたのが良かったです。

ただ内容的には友人が無理やりしようとして助けを求めてきてるのに、勉強がとか内緒にしときますからと目の前でも助けずにいたのに、次のシーンでは友人に嫉妬してコンビニでトイレに連れ込み帰り道、もうやめましょうと拒絶される情けない役で、最後友人を自ら誘いエッチしているのを目撃したまでは良かったが、その後気づいて手招きしたり、最後のシーンで誘いこんだのは残念でした。

個人的には、助けてもらえなかったので拒絶し、友人に堕ちて友人の女になっていたほうが良かったです。

後はいつ森ほたるさんが中出し物を解禁するか楽しみです

綺麗な美巨乳

スッとした顔立ち,長い黒髪,綺麗な美巨乳のボディー。

そんなルックス抜群の美熟女,森ほたる。

本作は,ノーブラで,透けポチ,チラ見せで男を自然と誘惑してしまうエロ女を演じます。

嫌でも目がイッてしまう,このスタイル。

チ○ポの興奮は必至だし,ほたるも本性がエロなので,極端に拒むことなく,男を受け入れてしまいます。

着衣性交のシーンが多いけど,胸を全露出したシーンなど,やはり,いい体だと感じます。

プリケツもいい感じ。

プレイは,さほどハードじゃないけど,綺麗なお姉さん,森ほたる,普通に抜けます。

おっぱい&乳首!

胸チラ(浮きブラじゃ無いノーブラ)乳首、ポッチン透け乳首、じっくりと揉み乳首を弄る、おっぱい.乳首に、こだわった作り、白く綺麗で柔らかなおっぱい.ビンビンに勃った乳首に興奮しました、ほたるさんにしては、おとなしめですが、エロいです!

淫乱な面が出た最後のChapは☆五つ

一番のヌキどころは最後のChapだろう。

すでに、友人小田切の強引なセックスで覚醒した森の、「すっかり男とできちゃったオンナが放つ媚びと淫らさ」がエロい。

森ほたるは、清楚なルックスながら、これまでの作品でも一部淫らな面を見せている。

「清楚さの裏の淫らさ」は、特にマドンナ社作品の基本であるから、この淫らさはこの人の強みになる。

清楚な不貞妻キャラを活かした作品では『夫の遺影の前で犯●れて、気が狂うほど絶頂した私。

』や『夫は知らない~私の淫らな欲望と秘密~』が、巨乳を活かしたものでは『セフレと乳首で感じる昼下がり。

』や『向かい部屋の人妻』などが見たい。

ひとつ細かい指摘をすると、本作冒頭の着替えシーンでブラジャーを着ける際、後ろホックで止めないで、グルっと回して前でホックを止めていた。

これはやめてほしい。

ブラジャーを着ける所作の美しさを台無しにしてしまうから。

女優に免じて

全体にからみは普通ですが森さんなんで十分。

友達が目の前でやりはじめてるのに、浪人生がうじうじしてたのが偽善者めいてちょっとイラついた。

それとトイレの中の絡みのシーンが余りに長い!

何が撮りたかったのか?

監督さんの意図が分かりませんでした。

こんな設定、演技いるのか?って意味不明です。

清楚な人妻が堕ちるかと思いきや、結局ただのビッチだし、でも初めは拒んでみせたり。

一番憧れていた山田くんとは絡まないし。

話や設定に一貫性がなく、昂ぶる演出が無いまま、気付いたら終わってました。

女優ですが、好みがはっきり分かれるタイプですね。

決してパケのような美人では無く、どちらかと言えば、個性的な顔立ちです。

私は凄くいやらしく見えたので好きですね。

おっぱいは偽乳だと思いますが、これで152センチの小さな身体を想像すると、まぁ、街中にいたらそれなりに目立つ子でしょうね。

もう一作品観て見切りをつけるかどうかってところです。

「隣の人妻は、休日はいつもノーブラ。 マドンナ専属《巨乳》No,1美熟女 第5弾!! 森ほたる」の本編動画はこちらから