【滝沢さゆり】無駄に長く撮ってるだけの監督 – ようこそ催淫(アブナイ)世界へ 14 熟女の疼き 主婦40歳の下半身

ようこそ催淫(アブナイ)世界へ 14 熟女の疼き 主婦40歳の下半身

これまで良き母であろうとし、しかし夫とのセックスレスから隠れて浮気を重ねてきた主婦さゆりが、目かくしのまま催淫CDを聴いて淫らな姿態をさらけ出す。

「あ~、オマンコ舐めて。

いっぱいベロベロして~!」全身を小刻みに震わせるさゆり。

長年抑えていたものが溢れ出し、彼女が本当にしたかったセックスが始まってゆく…。

「ようこそ催淫(アブナイ)世界へ 14 熟女の疼き 主婦40歳の下半身」の本編動画はこちらから

女優名: 滝沢さゆり

いいね

オイラ的には、「滝沢さゆり」さん顔だけでもヌケるのでいいですね。

形の崩れた乳が最高です。

今となっては演出が古い

古くからのAVファンである私からすれば、代々木さんは大御所であり、昔は彼の作品を率先してレンタルしたものです。

事実、今ほどAVが確立されていない時代には、エロスを追求する彼の作品は普通に面白いと感じました。

ただ、これだけAV作品があふれている時代になりますと、色々なタイプのAV女優さんがいて、ユーザーは自分の嗜好と合致する女優さんや作品を求めるようになります。

つまり、代々木さんのようにある意味自己満足の押し付けがましい作品を好む方は少なくなったというか、これだけ選択肢が多い今の時代にはそぐわないのではないかと思います。

しかもこの作品の女優、滝沢さゆりさんは感度もエロ度も非常に高い熟女女優さんですので、代々木さんの演出はむしろ邪魔になっているように感じますね。

点数で60点、星3つの評価とします。

無駄に長く撮ってるだけの監督

?オナニーで遠目からカメラを見させる。

盛り上がってきてさあイクって時になったらほったらかしで、後ろに倒れ込む。

?1回目の絡みで横の方から延々固定で撮る。

すげーつまらん。

?2回目も相変わらずで、急にズームだけでギュッと寄ったりするのが気持ち悪い。

寄りすぎててわけわからん。

その上時折横で見ている市原克也の表情を撮られても困る。

そんなもの見せるな、という感じ。

以上、長くこの業界で撮ってる大御所と祀り上げられている監督でしょうが、これがいいと思っているならただ無駄に長く低空飛行の感性でやってきたんだね、というレベル。

「ようこそ催淫(アブナイ)世界へ 14 熟女の疼き 主婦40歳の下半身」の本編動画はこちらから