【緒方泰子】声がいい – 美熟女芸能人AV地獄 羞恥奴●に堕ちるまで 緒方泰子

美熟女芸能人AV地獄 羞恥奴●に堕ちるまで 緒方泰子

夫の事故の過失責任を負わされた未亡人。

賠償金を返済出来ないならAV女優に転身するしかないと脅される。

全ては極悪AVメーカー社長が仕組んだ巧妙な罠。

脱がせ屋の異名を取るこの男はこうやって数々の芸能人をAV地獄に堕としてきた。

この女も例外ではない。

女は恥ずかしさをこらえ芸能人AVの撮影に望むことになる。

緊縛、鞭、蝋燭、浣腸、褌、カラミ。

芸能人のプライドを剥ぎ取る怒涛の責め。

女はいつしかマゾに目覚める。

「美熟女芸能人AV地獄 羞恥奴●に堕ちるまで 緒方泰子」の本編動画はこちらから

女優名: 緒方泰子

女優はいいが…

内容がクソすぎる。

抑揚やメリハリのない同じプレイの繰り返し。

早送り必至。

劇中劇での緒方泰子の演技に驚嘆する

AVに出ざるを得なくなった美熟女芸能人が本物のマゾになってゆくさまが、緒方泰子の熱演で見事に表現されている。

ストーリーもユニークで見応えのあるシネ社作品だ。

悪徳プロダクションの撮影所で次々と作品に出演させられてゆく。

『おばさん着エロ』」ではギャップを感じさせるコスや褌姿がエロい。

『マゾ熟女調教ドキュメント 某大物芸能人遂にSM解禁!』」では全裸緊縛姿で蝋燭責めを受けるが、蝋燭を溶かすバーナーの炎と音が効果的で演出的に優れている。

汗びっしょりでのたうち回る緒方の演技も良い。

圧巻は『SM未亡人肛虐の虜 芸能人浣腸調教ー直腸を刺激され悶絶するスケベおばさんの記録!!』」の撮影。

監督の「浣腸をお願いする時はどう言うんや!」との指示に「・・泰子は浣腸大好き・・・・・・」と長い淫語が続く。

緒方の声はしっとりしていて色香がある(因みに本作のナレーションも担当)。

そして浣腸液が何と!自らが大物芸能人としてCM出演していた商品の「ミネラル豆乳茶」という屈辱。

それを何本も注入される。

迫り来る便意に足の指をピーンと全開させて堪えるが、とうとう堪えきれず、アナル芯が盛り上がると物凄い音と勢いで決壊する。

それを何度も繰り返す。

この浣腸シーンは数多のAV作品の中でも迫真さでピカ一だ。

さらに『奴●淫婦ー芸能人調教ドキュメント』が続き、やがて悪徳プロダクションに司直の手が入り、緒方はAVから解放され芸能人も辞める。

しかしAV撮影の鮮烈な記憶と縄の味が忘れられずに、SM倶楽部の地下パーティに足を運ぶようになる。

喪服姿で緊縛されて恍惚の表情を浮かべながら「ワタクシ緒方泰子は淫乱マゾ女です。

どなたでもよろしいので、はしたないメス奴●にお仕置きをしてかわいがってください。

よろしくお願いします」と。

特に美人というわけでもないが、この女優の表情には表現に困る不思議なエロさがある。

本作で見せた味わいには、演技を超えた情念のようなものが感じられて、AV女優が持つ潜在能力の高さに驚かされた。

40代後半とは思えないほどキレイな肌と、熟女としては理想的なバストのせいで緊縛が似合うカラダも見応えがあった。

男優がクソ

男優の下手なセリフ、アドリブが女優の良さを引き出せないどころか、殺してしまってる。

責め方もひどく、素人感丸出し。

好きな女優だっただけにかなり残念な内容。

声がいい

鞭でしばかれるときの「あうううっ」という、いきむような唸り声がいい。

この唸り声を聴くために、他の作品も購入しました。

「美熟女芸能人AV地獄 羞恥奴●に堕ちるまで 緒方泰子」の本編動画はこちらから