【藍川るみ】なんかぞくぞくします。 – 熟女SM族 Vol.4 藍川るみ

熟女SM族 Vol.4 藍川るみ

『熟女SM族』熟れた体を持て余し、ひとときの非日常世界に憧れる女たち。

苦悩する性欲…ノーマルなSEXだけでは満たされない女の性願望を赤裸々に暴く!

「熟女SM族 Vol.4 藍川るみ」の本編動画はこちらから

女優名: 藍川るみ

ブスでババァだがいい女。

ぱっと見ダメだこりゃぁな女だが、いい声で鳴きグッとくるイキ方をする。

乳首をビンコ立ちにして感じまくるのでエロい。

だが、本当にいいイキをしてる箇所が少なく見ごたえに欠けた。

本当に良い熟女やったね。

縛りやローソク責めは色々なバリエーションで見せてくれるし、女優さんも頑張っていたから面白いと感じた。

これに加えてアナル責めなんかがあれば、なお一層良かったと思う。

たまにこんな作品を観るのも良いかなぁってところでした。

リアルプレイの秀作

最初、、明智君かぁ、、、と思いましたがむっちり系の熟どエム牝がよが苦痛系責めでよがり狂うのはイイッ!

なんとなくいいかも

飛びぬけて美人でもなく 若くもないけれど 縄酔い没頭感 どれをとっても標準以上

まさに豹変

他のレビュー者の方も、指摘していることであるが、厳しく見れば、やや弛んだ身体に、器量も然程優れているとは言い難い出演者である。

ところが、一度縄をかけると、忽ち縄酔いの反応を示し、その喘ぎ声は、所謂「アニメ声」に近い、キツめの容姿からは想像し難い、加虐心を唆られるものである。

このシリーズ恒例で、中盤以降は全裸で吊り緊縛を中心とするが、本作では、乳房や乳首への打擲がない代わりに、股間への執拗なバラ鞭責めが目立つ。

開脚責めでは、他作品と異なり、左右の腿を縄で牽引して、カエル脚を強●するのみらならず、重心の関係で逆さ吊りに近くなると同時に、陰唇への負担も大きくなるという、二重にも三重にも、負荷の大きい責めである。

この責めでは、最初は甘美な喘ぎ声を、出していた演者であるが、次第に低い呻き声となり、最後は絶叫に近くなるが、宜なるかなを通り越して、甚だ卑猥である。

序盤のインタビュー時の応答からは、全く想像出来ない姿、というのが、本作の醍醐味であろう。

熟女SM族 4藍川るみ

藍川るみの演技に感動しました。

素人的な情感の出し方は、思わず夢中で見ました。

こうゆう物をどんどんレンタルしてください。

なんかぞくぞくします。

縄で縛られて身体を触られているだけで、ビクビク震えている雰囲気が良いですね。

ぞくぞくしますよ。

この縄師の責めもまた静かだけど力強くて良いですね。

責められて快感が押し寄せてくる切ない表情もいただきです。

「熟女SM族 Vol.4 藍川るみ」の本編動画はこちらから