監督が喋らなければ「星4」は行った。 – 熟女レズ倶楽部 3

熟女レズ倶楽部 3

男では味わうことの出来ない、女だけに許された甘美な世界、レズ。

その中でも至高の熟女レズ。

凄い速さでクリを刺激して、高速で回転するバイブ。

「熟女レズ倶楽部 3」の本編動画はこちらから

監督が喋らなければ「星4」は行った。

全二組。

片方は、完全な熟女レズ。

その手のフェチズムの方向けです。

もう片方が、着物着衣レズ。

着物を着てのレズシーンはとても良かった。

和服のエロさを存分に味わえる絡み。

着物の下には襦袢しか着ておらず、他は何も肌着を着ていないのも好印象。

本来なら、このシーンだけで★4つの「良い」くらいの評価でも良いんだけど、あろう事か、外野から監督が喋っている。

喋っているのはほんの短いあ時間ではあるが、このふざけた監督の行為があったのでは、とても良い評価は与えられない。

(撮影機材の一部と思われる物や、スタッフと思われる物が画面の端に映ったこともあったし)勿体ない。

余談ですが、この作品内では、着物の下は半襦袢を着用してましたが、個人的には、長襦袢の方が好きです。

「熟女レズ倶楽部 3」の本編動画はこちらから